アミノインデックス(AICS)検査


アミノインデックス検査(AICS)とは、血液検査でアミノ酸濃度を測定し、癌の可能性を予測する検査です。 早期癌にも対応し、複数の癌を同時に検査できます。

⇒【詳細はこちらのパンフ参照(PDF:1.47MB)】

各AICSの解析対象となる癌の種類

男性: 胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん
女性: 胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)、卵巣がん

※子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)・卵巣がんは、いずれかの癌であるリスクについては予測できますがそれぞれの癌については分かりません。


対象となる癌と年齢

対象癌 対象年齢
胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)・卵巣がん 25歳~80歳


費用

本検査は保険の適応ではないので自費診療となります。

 
検査種 検査内容 費用
男性AICS(4種)  胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がん¥20,000
女性AICS(5種) 胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん (子宮頸がん・子宮体がん)、卵巣がん¥20,000


事前の準備

●8時間以上あけての午前中の採血となります。深夜00:00以降は水以外のものは摂らないでください。
●薬は採血後に服用してください。


※リスクとは、確立、可能性、危険性等と呼ばれるもので、癌であるか否かをはっきり判断するものではありません。